ヒト幹細胞培養液

次世代型スキンケア成分『ヒト幹細胞培養液』

最近話題の「ヒト幹細胞培養液」ですが、実際はどのようなものなのでしょうか?

簡単にまとめてみました。


オススメの美容液

 アスタレチノ V

 メルシアラムール

☞ REプラセンタ美容液


「成体幹細胞」と「幹細胞培養液」は違う

コスメに入っているのは「培養液」「幹細胞そのもの」は入っていません。

「幹細胞」という単語はいろいろあるので混同して間違いやすいので注意が必要です。
ES細胞やiPS細胞などの最先端技術も幹細胞関連ですし、多血小板血漿(PRP)治療や脂肪幹細胞を注入する豊胸手術などがありますが、それらはすべて人体に注入したりする医療行為です。
コスメの世界では幹細胞そのものを使うことはできず、その「培養液」に含まれる成長因子を活用しているのが現状です。

ヒト幹細胞培養液とは?

ヒト幹細胞培養液とはその名の通り「ヒト由来の幹細胞」を培養してつくります。
幹細胞を人間の体内と同じ状況にした培養液に入れて幹細胞を増やすのです。
大体が人の脂肪幹細胞を使うようですね。
その幹細胞を培養して増やす過程で人体に有用な様々な物質が生成されます。
具体的には「成長因子」や「ペプチド」などです。

「ヒト幹細胞培養液」は何をしてくれるの?

培養液中の成長因子が、あなたの真皮幹細胞を活性化して肌の老化を食い止めてくれるのです。 結果としてあなたのお肌が若返ります。

注:

決してヒト幹細胞をあなたの皮膚に浸透させるものではありません。

それでは医療行為になってしまいます。 そもそも自分のもの以外の細胞を取り込むことなど、そんな簡単にできるものではないのです。 拒絶反応とかありますからね。

お肌の若返りのメカニズムは?

これまでのスキンケアというのは、基本的には、水分・油分や減少したコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分を補うことで肌を美肌に導くというものでした。

しかしヒト幹細胞培養液を使った最新のスキンケアは、これまでのように加齢によって減少した美容成分を補充するのではなく、 美容成分を作りだす元となる 『幹細胞』 を活性化させるという根本的なエイジングケアなのです。

今までは普通の細胞である表皮角化細胞へ栄養分を与えて肌の調子を整えてきました。
しかしそれはいずれターンオーバーで「はがれて」いくものです。

肌には、「真皮幹細胞」「表皮幹細胞」という2種類の幹細胞が存在します。

表皮角化細胞は表皮幹細胞から生み出され、表皮幹細胞は真皮幹細胞から生まれます。

真皮幹細胞 ⇒ 表皮幹細胞 ⇒ 表皮角化細胞

真皮幹細胞 ⇒ 泉維芽細胞 ⇒ コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸

つまり真皮幹細胞を活性化させるのが美肌には一番だということですね。

ここでのポイントは真皮幹細胞を補うのではなく、「成長因子」によってあなたの真皮幹細胞を「活性化」するのです。

幹細胞が培養された培養液には幹細胞から分泌された、たくさんの成分が入っている!

ヒト由来脂肪幹細胞培養液は幹細胞が作る500種類以上のタンパク質成分を含有します。 そこには、特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性のタンパク質である成長因子が200種類以上含有することが報告されています。

その代表的なものが

EGF 表皮細胞成長因子
表皮幹細胞に表皮細胞増産のシグナルを出し、ターンオーバーを促進、シミ、くすみを改善します。

HGF 肝細胞増殖因子
肌組織においては細胞増殖促進、細胞運動促進、抗アポトーシス、形態形成誘導、血管新生など組織再生に関わります。

aFGF 維芽細胞成長因子
真皮幹細胞に肌細胞の増殖を促します。
線維芽細胞に、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、SOD等の増産シグナルを出し、創傷治癒、シワ改善、美白効果をもたらします。

PDGF 血小板由来成長因子
細胞線維芽細胞の増殖を促進します。

bFGF 塩基性線維芽細胞成長因子
血管、皮膚、筋肉などの細胞に作用し、細胞の分化、増殖を制御します。

IGF-I インスリン様成長因子
破損している細胞の再生をサポートします。
新しい皮膚を再生し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を促進します。
それによってシワの解消や予防しハリや弾力を再生します。

KGF/FGF-7 毛母細胞成長因子
毛母幹細胞に働きかけ、発毛、増毛効果があります。

TGF-B トランスフォーミング成長因子
抗炎症効果等があり、敏感肌の改善効果があります。

VEGF 血管内皮細胞成長因子
新生血管を形成するための大きな役割を果します。

今までのスキンケアが「応急手当」だとしたら、幹細胞美容液は「根本治療」に近いですね。

幹細胞が老化してくると
・本来は28日周期のターンオーバーが長期化となり、
・お肌にツヤがなくなり、透明感がなくなる
・シミ・くすみの原因となる

さらに
・コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が減っていき
・お肌のハリ・弾力が無くなり
・潤い・ツヤが無くなる

幹細胞培養液はその老化を食い止めるので、

・シワの予防と改善

・美白効果

・たるみの改善

・抗酸化作用

などの効果が期待できるのです。

ヒト幹細胞培養液コスメの「メリット」・「デメリット」

メリット

・肌の老化防止/ターンオーバーの正常化

・基本的に肌質を選ばず使える。

・年齢にかかわらず使える。

デメリット

ヒト幹細胞コスメは効果が出るまでに結構時間がかかります。
大事なことはちょっと使ったくらいで「だめだ」と判断しないことです。
「応急手当」ではなく「根本治療」なので結果が出るまで我慢することが必要なのです。

ヒト幹細胞培養液は精製するのに手間と時間がかかりますのでどうしても高価になってしまいます。 必然的にそれを配合したコスメも高いものになりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です